埋め込み 技術用語解説

埋め込み 技術用語解説

埋め込みとは…?

研削研磨における「埋め込み」とは2種の意味がある。
・乾式ラップなどであらかじめラップ盤に砥粒を「埋め込み」する。
・金属などの軟質材料のラッピングで出来る欠陥を意味する。

会話例
後輩「この硬い材質のワークはどうやって加工するんですか?」
先輩「これは…銅や錫定盤にダイヤをフェイシングして加工するよ」
後輩「フェイシング…?」
先輩「そうだ、柔らかい定盤にダイヤを噴霧して、ダイヤを埋め込み、保持させて加工するんだ」
後輩「そんな加工もあるんですか!」
先輩「あぁ、昔sapphire加工はそれがメインだったんだよ」

研削研磨の技術用語カテゴリの最新記事