CATEGORY 営業Gからの情報発信

  • 2021.02.15

FILWEL社製研磨パッドで品質改善を! ~ 不織布ベースとPETベースの違い ~

前回はウレタンパッドをスエードパッドに切り替えることで、表面粗さ・面精度の良化を提案させて頂きましたが、今回はスエードパッドのベース部分に注目し、それぞれの長所を想定しながら実際に研磨評価を行いました。 現在、スエードパッドのベース層は大まかに「不織布」と「PETフィルム」の2種類があり、今回の評価はFILWEL社製パッド “ベラトリックス”の「N0178」と「NP178」を使用しました。 「N0 […]

  • 2020.10.26

酸化セリウム研磨材 ミレーク2元素品へ

まだ3元素品(茶褐色)をお使いの現場責任者様 2元素品(白色)への切り換えをお急ぎ下さい! 既に95%以上のお客様が問題なく切り換え済みです。 他社品をお使いの方もこの機会に評価してみませんか? 2元素品に移行する理由 理由① 価格高等リスクを避ける為。 3元素品は酸化プラセオジムを5.3%含んでいます。 ⇛酸化プラセオジムは希少性が高く、最近では電気自動車の普及などでモーター用磁石の原料として需 […]

  • 2020.10.09

FILWEL社製研磨パッドで品質改善を!(表面粗さ・面精度の良化)

~ ポリウレタンパッドからスエードパッドへの変更 ~ 石英基板などのガラス研磨で使用されているポリウレタンパッドをスエード製へ替えることで品質改善や良品率アップを図ることが出来るのか? この検証について、当社八王子R&Dセンターで加工テストを行ってみました。 通常、石英基板を研磨されているユーザー様ではセリウム研磨工程1段目はポリウレタンパッドを使用されていますが、今回、スエードパッド(P […]

  • 2020.09.01

研磨パッドの選び方

弊社では研磨に関係するご相談を数多くいただきますが、その中でも特に多いものが ①研磨レート ② 表面粗さ ③ 平坦度や端部形状 に関するご相談です。 ここではそれぞれについてどのような対策があるかご紹介したいと思います。 【研磨レートUP】 研磨レートをあげることで生産性をUPさせたい。 対策①…NAP層が厚いものを選びます。 対策②…NAP開孔径が大きいものを選びます。 スエードパッドはNAP層 […]