精度とレートの両立を追求する集団

トワイマン効果

トワイマン効果とは

基盤状の両面にある応力(残留応力)に差が生じた際に、両面の応力のバランスを補おうとする力が働き、反りが発生することを指します。

両面加工(ラッピング、ポリッシング)では、両面の取り代やダメージを均一にすることができるため、トワイマン効果の発生を抑えることが可能です。

トワイマン効果のイメージをわかりやすく解説!!

残留応力やその応力のバランスと言ってもあまりイメージがわかないことがあるかと思いますので、一般家庭でのトワイマン効果?でわかりやすく解説します。

応力バランスの崩れた状態として、両面の粗さ(面粗度)の違いによる効果を例としてあげてみると?

イカ! ホルモン!!

片側に切り込みを入れることで、切り込みを入れていなほうに向かって大きく反りますね!!イメージとしてはこんな感じです。
これがミクロの世界で起こっている状態です。

towaiman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん残留応力の状況次第なので、粗いほうに向かって細かいほうが反る場合もありますが、それには何かしらの要因が必ずあるので、よく観察してみてください。

 

↓疑問部屋でもトワイマン効果について解説しております↓

ブログ

加工テストとデータ報告に好評いただいてます。研削研磨のことならお任せ下さい! TEL 042-644-6011

LINE@で質問してみませんか?

友だち追加

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 研削研磨.com All Rights Reserved.