ホーム > 事例 > 遊離砥粒・固定砥粒とは
事例
遊離砥粒・固定砥粒とは
砥粒とは
  • 研削、研磨に使用する粒状のものです。
  • 用途によってそれぞれ大きさと硬さが異なります。
  • 素材は大きく分けて人工と天然のものがあります。
    • 人工素材 ... ダイヤモンド(工業用)、アルミナ、炭化物、窒化物など
    • 天然素材 ... ガーネット、ダイヤモンド、セリウム、ジルコニウムなど
遊離砥粒
  • 水に混ぜて研削・研磨に使用します。この状態をスラリーと呼びます。
  • 遊離砥粒は加工対象の表面を転がることで削ります。
  • スラリーには性能を維持・促進するため薬品を混ぜる場合があります。
  • スラリーは使用していくと徐々に能力が低下していくため
    濃度調整や定期的な交換が必要です。
遊離砥粒の模式図
 
 
固定砥粒
  • 固定砥粒は砥粒が結合材(樹脂・金属等)で固定されたものです。
  • 結合材から出っ張った部分の砥粒が加工対象を引っかくことで研削・研磨します。
  • 結合材が磨耗していくことで安定した性能が得られます。
固定砥粒の模式図
 

研削・研磨.COMは、八千代マイクロサイエンス株式会社が運営する情報提供サイトです。
ガラス・セラミックス研削・研磨のスペシャリスト
八千代マイクロサイエンス株式会社
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町17 TEL:03-3256-6011 FAX:03-3252-0930

]