あと少しで正月休み!!!はよはよ!!研削研磨.comです。

 

突然ですが、皆様我慢してますか?
持論なんですが、大人になるっていうのは我慢をする事だと思っています。

 

イライラしても、理不尽な要求を言われても、大人だから我慢をする。

 

神上司:これ明日までにやっといて。
凡人研削:え…明日まで… ハイ!!

 

以下心の声
出来る訳ねーだろ、今違う事してんのが見えないのか、お前の目は節ホールか!
自分がやる時は、長めのスケジュール、部下に投げる時はやたらタイトなスケジュール。
お前はアレか?違う時間軸の中に生きてるのか?タイムパトロールでもしてんのか?
知ってるぞ?お前社長に仕事頼まれた時に、いやぁー1週間は欲しいですぅーって言ってたよな。
それがどうだ?部下に言う時は明日までか、即日配達か。お急ぎ便じゃねーぞオイ。

って思うじゃないですか。皆思ってるじゃないですか。
でも言わない、我慢する。
これが大人STYLE。アダルティー。

子供の頃は思った事を言っていたと思うんですよね…。
それがいつからか…空気を読んで相手の事を考えて、言葉を選ぶようになっている…。

 

子供:ねぇ…なりたくなかった大人になってるんじゃない?
子供:それが…ボク達の目指す大人なの?

 

 

はい、という事で今回は書きたい事を書こうかなと思います。年末でおすし。
今回のお題はですね、「マスク3割増し」について考察していきたいと思います。

最近電車でよく見るんですよ。
マスクの女性。

冬ですし、マスクしないと風邪とかうつっちゃいますしね。

でね、なんかこう…不思議と可愛く見えるんですよ。
いやいや、世の中の全ての女性が美しいと分かった上で、更にって話ですえへへ。

なぜこうも可愛く見えるのか…これが日々思う疑問でしてね。
ほら、このブログも疑問部屋ってタイトルじゃないですか。
だからその疑問を解決しても本筋からはズレてなーいと思ったんです。超ナチュラル。
can not アングリ。

 

では考えてみま…SHOWッ!!

 

そもそも何を持ってして美しい・可愛いのかという定義から必要になると思うのですが
その定義は人によって違うので別段定義付けはしないものとします。
ただし、その定義を構成している部位(髪・肌・眉毛・目・まつ毛・鼻・口・形・ミミ・ほくろ等)
は美しさと関係性があるという前提で話を進めます。

ではまずこちらの高度なCAD図面をご覧ください。

仕事しているフリをしながら書いた「蒼い目の女性(ブルーアイズウーマン)」です。
ここから視覚で得られる情報は、目・鼻・口・形・髪です。

ではこの女性にマスクを着けて貰います。

ご覧ください。
鼻と口が隠れました。
すると得られる情報は「目・形・髪」の3つに減少しました。
5個のパーツが3個へ減った事で、情報量は40%減少しました。

 

次に面積で考えてみまSHOW。

こちらを100%とします。
次にマスク装着。

なんという事でしょう…
全体の1/4をマスクが占め、実に25%も情報が減りました。

パーツで40%減少
面積でも25%減少 これはもはや実質65%。
いや、マスクをする事で形も分かりにくくなりますし、顔と後ろ姿が同一の比率であるのはオカシイ。
更には前髪等もありますのでこれはもはや全体の70%が隠されていると言っても過言ではありません。
逆に言うと実質30%しか見えていない訳です。

そもそも古来より人間は隠された部分に興奮を覚えるのは周知の事実。
隠されると脳内補填機能をより活性化させる為に見たくなる。
同時に、見えている部分もより一層美化される。

分かりやすい例がミニスカート。
おっと、これは説明する必要ないですよね、分かりますよね?
一言で言うとあれは宇宙です。
流石にこれを説明するとまた怒られます。一発NGです。

 

つまり70%をマスクで隠す事により、残り30%がとてつもなく際立つ。
しかも隠された70%はイカれた脳内補完により美化される…。

とんでもない可能性を秘めた70%と、希望に満ち溢れた30%
素晴らしい100%が完成する訳です。

上記結果から導き出される答えは「3割増し」なんてものではありません。

 

結論です。

 

そう…

 

ワタシはここで「マスク7割増し論」を展開します!!!

 

 

 

さて、今回の分析結果は如何でしたでしょうか。
納得する方、されない方、コイツきも!と思われる方…。

いいんです。
これが我慢をしないという事(厳密にはまだ少し我慢しています)

 

ボクは…理想の大人に近づけたんだろうか。
来年はもっと…理想の自分になれるんだろうか。

 

この様な感じで1年の締めくくりとさせて頂きます。
今年1年、このようなブログを見て頂きありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

 

(聞こえ…ます…か…聞こえますか…
…またあ…なたの心に…直接呼び…かけています…
来年は…今年以上にお…問い合わせ…を…ください…
ど…んなモノでも…平行平面であれば…作れ…ます…
サファイア…SiC…セラ…ミック…得意です…
作るツールを…販売…しています…
展示会に…も…来てくだ…さい…)